Intel

ケーススタディー:低遅延GRE 処理アクセラレーターの検証


株式会社ミクシィ 開発本部 インフラ開発グループでは、Data Plane Development Kit (DPDK) などを用いてEvolve Packet Core(EPC)ソフトウェアやスマートフォン・アプリケーションが動くオンプレミス・ネットワーク環境のためのパケット処理を実装し、サービスを運用してきました。

その一例として、マルチクラウドを実現するために採用しているレイヤー3 トンネリング・プロトコルである Generic Routing Encapsulation(GRE) のデカプセル化を FPGA でアクセラレートする仕組みについて紹介します。

必須項目 (*)

勤務先メールアドレスを入力してください。
Please select a country.
姓(漢字)を入力してください。
名(漢字)を入力してください。
姓(フリガナ) を入力してください。
名(フリガナ) を入力してください。
会社名(漢字) を入力してください。
会社名(フリガナ) を入力してください。
部署名 を入力してください。
肩書き を入力してください。
職務内容 を入力してください。
役職 を入力してください。
業種 を入力してください。

このフォームを送信した場合、18 歳以上であることを肯定し、インテルがお客様の個人情報を共有し、引き続きメールや電話によってインテルの最新テクノロジーや業界のトレンドを得ることに同意したものと見なされます。登録はいつでも解除できます。インテルのウェブサイトおよびコミュニケーションには、インテルのプライバシー通知および利用規約が適用されます。